コスモウォーター非公式ファンクラブサイト » 問い合せる前に!コスモウォーターのよくある質問 » コスモウォーターの契約前に確認すべき利用規約とは?

コスモウォーターの契約前に確認すべき利用規約とは?

グラスに入れられたきれいな水

コスモウォーターのウォーターサーバー等の商品を契約する前に、利用規約の中で事前に知っておくべきところは何でしょうか?こちらでは、配送の基本ルールや支払いの仕方、サービスの停止についての詳細など、必要な項目をまとめていますので、ご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

第1条 配送基本ルールの作成、契約成立、定義

第1条の1には、配送の基本情報作成を行なうための「配送基本ルール」の届け出を提出する必要性が記載されています。

「配送基本ルール」の各項目とは、「ご氏名」「ご住所」「ご連絡先」「本商品およびウォーターサーバーの種類およびサイズの指定」「本商品およびウォーターサーバー等のお届け先」「1回あたりのお届け本数およびお届け周期」です。

契約者は、定められたフォーマットに従って記入をし、申し込みを行ないます。第1条の2には、申し込みを承諾しない場合について書かれています。

申し込みを承諾しないことがあるのは、「配送基本情報作成に必要な情報をいただけない場合」「本部が、お申込みに係る本サービスの提供、またはウォーターサーバーの手配が困難と判断した場合」などのケースです。

申し込みが承諾された時点で契約成立です。第1条の3には「本部の顧客管理システムへのご契約者様の情報登録をもって、承諾といたします」とあります。

利用契約後は、配送基本ルールに従って商品が定期的に届けられます。ウォーターサーバーおよび専用ベースはレンタル品であることを忘れずに、丁寧に利用するようにしましょう。

第2条 届出事項の変更

配送基本ルールの変更を希望する場合や、引越しなどで契約の際に届け出た住所等に変更があった場合、ウォーターサーバーの種類を変更したい場合などには、変更事項を届け出なくてはいけません。

第2条の1には、「ご契約者様が配送基本ルールの変更を希望されるときは、下記Webサイトから変更いただくか、本部所定のフォーマットに従い、下記事務局までご連絡ください」とあります。

また、第2条の2には「本部または販売店に届出たご契約者様の氏名・住所等に変更が生じた場合、および指定した本商品やウォーターサーバー等の種類を変更する場合、ご契約者様は遅滞なく本部お客様サービスセンターまたは販売店宛に変更事項を届出るものとします」とあります。

ウォーターサーバーの種類変更については、配達予定の1週間前までに届け出る必要があります。届出事項に変更が生じた場合は、速やかに連絡するようにしましょう。

第3条 本商品の代金およびその支払い

契約者は、商品の代金を支払う必要があります。第3条の2には、代金の支払い方法の種類について書かれています。

  • クレジットカード
  • 「カード会社が指定する締日および決済日によるお支払いとなります」

    「お掃除ロボット付きウォーターサーバーの場合、クレジットカード決済のみとなります」

  • 預金口座自動引落
  • 「毎月末締めの翌月27日のお支払いとなります」

  • 商品との代金引換
  • 「代金引換手数料はご契約者様のご負担となります」

  • 本部指定口座への振り込み
  • 「ただし、法人企業のみ。個人ご契約者様不可。お振込手数料は法人企業負担となります」

ちなみに、「お掃除ロボット付きウォーターサーバー」を希望する場合の支払い方法は、クレジットカードのみとなります。

期日が過ぎても支払いが確認できない場合は、遅延損害金が発生します。第3条の5には「支払期日が過ぎてもお支払いが確認できなかった場合は、既に納品した分に関して、支払期日の翌日から年利14.6%の割合による遅延損害金をお支払いいただきます」と記載されています。

第4条 発注および配送料等

配送基本ルールに基づいて、契約者には定期的に商品が届けられます。

第4条の2には「配送基本ルール以外の臨時の配送の注文は、お客様サービスセンターの受付終了時刻を締め切りとし、配送は翌日以降となります」とあります。臨時注文については、所定の連絡先に連絡するようにしましょう。

また、契約者の都合で商品を返品することはできません。第4条の4には「本サービスによって提供される商品については、ご契約者様都合でのご返品はお受けいたしません。ただし、商品に瑕疵がある場合等は除きます」とあります。

第4条の6には配達可能エリアについて記載されています。配達可能エリアは「日本国内(沖縄、離島、および一部のエリアを除く)」です。引越しなどで届け先がエリア外となる場合はサービス終了となりますので、注意が必要です。

第5条 遵守事項

第5条には、サービスの利用にあたって契約者が守らなければならない事項が書かれています。

たとえば、「本商品を賞味期限内に必ず消費すること」「ウォーターサーバーを付属の説明書およびマニュアルに従って取り扱うこと」「ウォーターサーバーに他社の飲料水を接続しないこと」といった遵守事項がありますので、利用する際には事前にしっかり確認するようにしましょう。

第6条 本サービスの停止等

サービスの停止を希望する場合は、利用規約に沿った届け出が必要になります。第6条の1には、「本サービスの停止をご希望する時は、次回発送予定の7日前までにご連絡ください」とあります。

契約者の都合により2ヶ月以上連続して停止する場合や、長期不在を理由に受取拒否をする場合には、休止手数料や事務手数料がかかります。また、規定利用期間満了前に解約を希望する場合には、サーバー引取手数料がかかります。利用期間満了後であれば引取手数料は発生しません。

第7条 個人情報の取り扱い

第7条の1には、「ご契約者様の個人情報の取り扱いについては、別途個人情報の取り扱いならびに個人情報の開示についての定めによるものとします」とあります。

商品やサービスを申し込む際に、契約者が個人情報を提供しない場合は商品やサービスの提供が困難になることがあります。また、契約者が本部webサイトを訪問する際には、アクセス情報を集計するためにクッキーを使用します。

第7条の4には「Webサイト上での個人情報の取り扱いについては、別途本部プライバシーポリシーの定めによるものとします」、また第7条の5には、「本部および販売代理店は、ご契約者様の個人情報を、法令および各種ガイドラインに従って適正に管理します」とあります。

第8条 損害賠償

契約者が第5条で定められている遵守事項に反したことによって生じた損害は、本部または販売代理店では責任は負いません。

また、遵守事項に反してサーバーを破損してしまった場合は、当該サーバーの弁済をしなければいけないことがあります

第9条 免責

第9条では免責について触れています。以下のいずれかの事情によるときには、本部または販売代理店は履行責任や損害賠償責任を免れることになります。

  • 「天災・地変等の災害を被ったとき」
  • 「法令の制定、改廃、行政指導のあったとき」
  • 「悪天候、交通事情等によりサービス履行遅延が生じたとき」
  • 「本サービスの運営が困難な重大な事由が生じたとき」
  • 「その他前各号と同様の事由が生じたとき」

上記のような事情が解消される見込みがない場合には、本部および販売代理店はサービスの提供を停止することができます。

第10条 規約の変更、承認

第10条の1には、「本部は、いつでも、ご契約者様にあらかじめ通知することなく本規約を変更することができます」とあります。

規約の変更については、第10条の2に「変更後の本規約を本部Webサイトに掲示したときにその効力を生じるものとします。この場合、契約者様は変更後の規約に従うものとします」と定められています。

規約の変更を見逃さないためにも、定期的にWebサイトを確認するようにしましょう。

ページの先頭へ ▲