コスモウォーター非公式ファンクラブサイト » 問い合せる前に!コスモウォーターのよくある質問 » コスモウォーターの契約前に確認すべき利用規約とは?

コスモウォーターの契約前に確認すべき利用規約とは?

コスモウォーターのウォーターサーバー等の商品を契約する前に、利用規約の中で事前に知っておくべきところは何でしょうか?こちらでは、配送の基本ルールや支払いの仕方、サービスの停止についての詳細など、必要な項目をまとめていますので、ご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

第1条 配送基本ルールの作成、契約成立、定義

第1条には、 配送の基本情報作成を行なうための「配送基本ルール」の届け出を提出する必要性が記載されています。氏名・住所・連絡先やウォーターサーバーの種類・サイズ、ウォーターサーバー等の届け先や1回当たりの本数・周期など。定められたフォーマットに従って記入をし、申し込みを行ないます。配送基本情報の作成に必要な情報を提出しないと、サービスが受けられませんので気を付けてください。申し込みが承諾された時点で契約成立です。

利用契約後は、配送基本ルールに従って、商品が定期的に届けられます。また、ウォーターサーバーはレンタル品であることを忘れないよう丁寧に利用しましょう。

第2条 届出事項の変更

ウォーターサーバーの種類を変更 したい場合、引越しなどで契約の際に届出た氏名や住所等に変更があった場合は、配達予定の1週間前までに「コスモウォーターお客様サービスセンター」に問い合わせる必要があります。Webサイトの各種お手続きにフリーダイヤルの電話番号が記載されていますので、なるべく早めに連絡するようにしましょう。でないと、配達先からの送付書類や通知などが不着または延着になった場合、届けられるべき場所へ届いたということになってしまいます。届出事項に変更が生じた際は、速やかに問い合わせをするように心がけましょう。

第3条 本商品の代金およびその支払い

契約者は、 別表記の本商品の代金を以下の方法で支払う必要があります。

  1. クレジットカード ※カード会社が指定する決算日や締日により支払い
  2. 預金口座自動引落 ※支払いは毎月末締めの翌月指定日
  3. 商品との代引引換 ※代金引換手数料は契約者の負担になります
  4. 本部指定口座への振り込み ※個人契約者不可。法人企業のみ。支払いの際の振込手数料は法人企業負担になります

指定された期限が過ぎても支払いが確認できない場合は、納品した分に関して利息が発生します。支払期限の翌日から年利14.6%の割合による、遅延損害金が発生するので注意してください。

第4条 発注および配送料等

配送基本ルールに基づいて、 契約者に定期的に商品が届けられます。急ぎの注文であってもお客様サービスセンターの受付終了時間を締め切りとして、発送は翌日以降。その他にも注意点とありますが、特段注意するべきことはないでしょう。

第5条 遵守事項

ウォーターサーバーや他商品等は レンタル品です。定期的に届くものなので、必ず賞味期限内に消費することをおすすめします。

ウォーターサーバーに他者の飲料水を繋げない、専用ベースに指定されたウォーターサーバー以外乗せないとありますが、説明書どおりに丁寧に扱えば特段注意することはないでしょう。

第6条 本サービスの停止等

ウォーターサーバー等を利用する際、 ここは要チェックです。

  1. サービスの停止を希望する場合は、契約者が次の発送予定日の7日前までに第2条第1項所定の連絡先に問い合わせること。
  2. 契約者の都合で天然水の商品を2ヶ月以上連続の停止を希望する場合(特選水の商品を選択して1ヶ月以上連続の停止を希望する場合)、休止手数料として1台につき月額800円の支払いが課されます。
  3. ウォーターサーバーや商品等の受け取りを拒否した場合、事務手数料として1セットあたり1,000円の支払いが課されます。
  4. 契約者が利用しているウォーターサーバーの規定利用期間満了期に解約を希望する場合、途中解約段階だと違約金は出ませんが、メンテナンス料や事務手数料を含むサーバー手数料が発生。また、契約者の都合で規定利用期間満了前に同種類のウォーターサーバーを交換希望の場合、メンテナンス料や事務手数料を含むサーバー交換手数料が発生します。

第7条 個人情報の取り扱い

契約の申し込み時に 契約者から個人情報が提供されないと、サービス等の提供が困難になる恐れがあります。キャンペーン等への参加案内が受けられない場合も。その他には特段注意するべきことはないでしょう。

第8条 損害賠償

契約者が遵守事項に反して マニュアル通りに使用せずウォーターサーバー等の商品を壊してしまった場合の損害は、時価相当分のサーバー代を弁償する必要があるので、使用する際の扱いには十分に注意しましょう。

第9条 免責

サービスが以下の内容で 提供できなかった場合、本部および販売店は補償できないということを念頭に入れておいてください。

  1. 天災や地変等の災害を被ったとき
  2. 法令の制定や改廃、行政指導があったとき
  3. 交通状況や悪天候によりサービス履行遅延が生じたとき
  4. サービスの運営が困難な事態に生じたとき
  5. その他前各号と同じような状態が生じたとき

第10条 規約の変更、承認

規約はユーザーに通知することなく変わる場合があるので、定期的にHPをチェックするようにしましょう。その他は特段注意するべきことはありません。

ページの先頭へ ▲